女性が考えた、女性のための家。株式会社 石井工務店

建築豆知識

  • 都市計画法に於ける区域

    2021.11.12 10:24 BB
    ご無沙汰しておりました,設計部のBBです、宜しくお願いします。
    今回は都市計画法における区域区分の役割等について、お話ししたいと思います。
    土地は、都市計画が策定されている、都市計画区域それ以外の区域(都市計画区域外)に分けられます。
    都市計画区域内においては、都市や町を形成する上でのガイドライン的区域を定めております。
    よって都市計画区域外においては、建築に対して大きな制約は無く建築できるエリアとなります。
    都市計画区域内は大きく三つの区域に指定されている、一つが市街化区域、一つが市街化調整区域、そしてもう一つが区域区分未設定都市計画区域(無指定区域、準都市計画区域)になります。
    市街化区域は字のごとく、市街地を形成する上でのエリヤ分けやインフラ整備を優先的に構築していく区域で、さらに細かく「用途地域」により分類されています。
    市街化調整区域はランダムに市街化が膨張するのを抑制する区域であり、原則新な居住、建築が許さない区域になります。(許可制により建築可能)
    区域区分未設定都市計画区域は特に市街化区域、市街化調整区域の指定をしない区域で、自然的に市街化が形成される区域です。(「用途地域」の指定があります)
    これから土地を探して住宅を建てようとお考えの方は都市計画区域等を踏まえて敷地選びをされてはいかがでしょうか、「用途地域」については又の機会にいたしましょう。

    追記
    山小屋は勝手に建築できるのか、建築確認は必要なのか❓
    おそらく山は都市計画区域外と思われるので、用途、規模、知事指定の区域にも依りますが、建築確認は不要(建築基準法4号建築物に限る)と思われます。
    以上で終了です。
    次回は土地の「用途地域」,土地の「地目」と建築についてお話ししたいと思います。
    それではまたの機会までお元気で。
    建築豆知識
  • ウッドデッキのお話し

    2021.10.15 17:52 U2
    家を建てるにあたって、庭にはウッドデッキが欲しい、作りたいと考えたことがあると思います。
    天気のいい休日はそこでブランチ、BBQと・・・

    今回はウッドデッキについてのお話です。

    ウッドデッキを作る材料は天然木と人工木。と大きく分けると二種類になるかと思います。天然木は木目の美しさ、高級感があります。又耐久性が高く、風合い・温もり等を楽しむメリットがある一方で、腐食やシロアリ被害などの為、定期的なメンテナンスが必要になります。
    人工木はメンテナンス等が比較的少なくなる一方で、夏は熱く、冬は冷たく、風合い・質感を楽しむ的な付加価値は少ないかもしれません。
    天然木は人工木に対して、イニシャルコスト・ランニングコストでは若干不利。
    DIYでウッドデッキを天然木で作りたい方は、ソフトウッド系のホワイトウッドやレッドシダー等の加工の楽な材料を選択したほうが良いですね。
    ハードウッド系のウリン「アイアンウッド(鉄の木)」やイペは、耐久性・防虫性も高い分価格も高く、加工性も低いです。
    予め下穴を開ける必要があるのですが、ドリルのビットが短時間で使用不可になる事も・・・ 但し、大型施設や海ほたる等の公共施設で使用されたりと信頼性は高い物ではあります。
    ↑がウリンのカットサンプルです。
    ※「ウリン」も「イペ」も木材の名前です。
    ウリンは身近(?)なところではディズニーシーのウッドデッキでも使われてたりします。
    余談ではありますが、掃海艇(そうかいてい)という船舶があり、磁器機雷に対するため船体にウリンやイペを使ったり、又、通常船舶の甲板には防水性・耐久性の高い材料として使われています。
    話が少しそれてしまいましたね。人工木には人工木の良さがありますが、天然木にこだわったウッドデッキで経年変化の味わいを楽しむのも一興かもしれませんね。
    以上、今回はウッドデッキについてのお話でした。
    それでは、また次回をお楽しみに。
    建築豆知識
  • 面積効果について

    2021.09.10 17:19 リフォームプラザ I・J
    リフォームプラザ設計部 新人のI・Jです。
    初めて記事を書かせ頂きます!

    今回は家づくりをする上で少し知っていると役立つ「色彩」についてです。

    「面積効果」ってご存じですか?

    「面積効果」とは、同じ色であっても面積によって見え方が異なるという現象のことです。
    一般的に、面積の大きいもののほうが小さいものに比べて、明度、彩度とも高く見えます。

    この面積効果を知っていると家づくりのどこに役立つのかと言いますと外壁や壁紙を選ぶ際に役立ってきます!

    外壁や壁紙を選ぶ際、実物の大きさを見て選ぶことは難しいと思います。

    一般的に壁紙などの色を決めていただく際はカタログA4サイズのサンプルを見て選んで頂くのでサンプルと実物の見え方に違い出てくるということになります。
    画面上では分かりづらいかと思いますが、実際に小さいサイズと大きいサイズのサンプルの画像見比べてみると大きいサイズのサンプルの方が少しだけ明るく見えると思います。
    この面積効果を知らないで壁紙や外壁を選んでしますとイメージと違ったということになりかねません。
    家づくりをする際、今回紹介した面積効果を思い出していただいて少しでも良い家づくりをしていただければ幸いです。

    以上、今月は「色彩」についてでした。

    次回をお楽しみに!!

    建築豆知識
  • 住宅展示場の歩き方

    2021.08.10 09:35 伊勢崎展示場 K

    住宅展示場の見るべきポイント

    みなさんこんにちは。
    伊勢崎展示場 営業のKです。
    伊勢崎展示場も早いものでOPENから半年が経ちました。
    お陰様で大変多くのお客様にご来場頂き、ご好評いただいております。
    今後も群馬県の皆様にも愛される住宅展示場を目指して参ります。

    さて、今月の建築豆知識ですが前回は間取りについてのお話でしたね。
    そこで今回は展示場見学で見るべきポイントを大きく3つに分けてお伝えしていきます。
    理想の生活スタイルを見つけるためにもいくつかのポイントがありますので是非参考にしてみてください。

    ポイント① 広さを確認する。

    間取りを考える上でも最も大切なポイントかもしれません。
    お部屋も収納も広くなれば広くなるほどたくさん物が置けて、使いやすくなるなどのメリットがあるかもしれませんが、デメリットもあります。
    「掃除する範囲が広くなる」「建物が大きくなり、土地に収まらない」「金額が増えてしまう」などなど。
    大は小を兼ねるという考え方もありますが、住宅においては場所に応じて必要な広さを確保することが大切です。
    展示場のリビングや、居室がどのくらいの広さになっているかをよく確認しましょう。「子供部屋の6畳ってどれくらいですか?」「LDKは18畳から20畳くらいで考えているのですが、この展示場だとどこからどの辺までですか?」のように、しっかりと確認することをおすすめします。

    ポイント② 展示場仕様はどこまでが標準?

    これも大切なポイントですね。展示場は夢を広げる場所でもあるので、広く豪華に作られていることがほとんどです。見ごたえはあるのですが現実を見失ってしまってはいけません。どこまでが標準なのかをしっかり確認しましょう。
    特にオプションで多いのは「水廻りの設備機器」「建物の造り」です。広くて豪華なキッチンやお風呂はあこがれがありますよね!
    「これは標準ですか?」と確認しましょう。
    「建物の造り」というのはいわゆる建物の性能です。車で言う燃費の部分ですね。住み始めてからの光熱費や住み心地に直結するので、無視はできませんよね。
    これは展示場を見ただけではわからないので、「展示場の作りは標準仕様ですか?」と聞いてみましょう。

    ポイント③ 坪単価の聞き方

    最後に、誰もが一番気になる(?)お金の話です。
    坪単価はその金額に坪数を掛けるとおおよその建物の金額が分かるものです。
    例えば坪単価が60万円で坪数が40坪だと建物の金額は2,400万円ぐらいと計算できます。
    他のメーカーと比較する上でも大事な要素なので、今からお伝えするポイントを押さえて確認しましょう。

    ①坪単価にはどこまで含まれているか。

    残念なことに住宅業界の中では坪単価の中に家づくりにかかる費用をどこまで含めなければいけないかというルールはありません。その為、少しでも安く聞こえるように必要な工事費や諸経費、税金を抜いて伝えることもあります。
    中には補助金でもらえるであろう金額を含めて、安く見えるように伝えることあるそうなので要注意です。
    「付帯工事も入っているのか」「消費税は含まれているのか」など、「坪単価にはどこまで含まれているのか」をよく確認しましょう。

    ②実際に建てる建物の大きさで確認をする。

    なるべく計画している建物と同じくらいの大きさで聞くようにしましょう。
    坪単価は建物が大きくなれば安くなり、逆に小さくなれば高くなります。
    これは坪単価の中にはお風呂やキッチン、電気や水道の工事など金額が一定のものが含まれているからです。これらは建物の大きさで金額は変わらないので、坪数が大きくなれば割安に、逆に小さくなれば割高になってきます。
    だからと言って、2階建て30坪の建物が35坪の建物の総額よりも高くなるわけではないのでご安心ください。
    大切なのは計画している建物だといくらぐらいになるかを把握することです。

    ③展示場の作りで坪単価がいくらになるのか。

    ポイント②でお話ししたように展示場の作りが標準かどうかを把握したうえで、坪単価がいくらなのかを確認しましょう。
    そうするとそのメーカーの標準金額が分かるので、例えば仕様を良くすればもっと高くなるし、逆に性能を落とせばもっと安くなるなどの判断が出来ます。
    いかに性能が高くて価格が安い、いわゆるコスパの優れた住宅かどうかが見えてくると思います。
    いかがでしたでしょうか?
    展示場ではいかに実際の生活をイメージできるかが大切になってきます。
    また、よく見えてよく聞こえてしまうのも展示場の特徴です。
    全てを鵜吞みにせず、ひとつひとつを確認していきましょう。

    ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
    大きく3つのポイントをお伝えしましたが、最終的には担当してくれた営業が信頼できるかどうかも大事になってきます。

    家づくりは大なり小なり悩むことも多くあると思います。
    お客様の思いを汲み取ってくれる素敵な営業さんと出会えることをお祈りしております。

    それではまた次回をお楽しみ!
    建築豆知識
  • 間取りの歴史を知りましょう。

    2021.07.10 00:00 佐野支店 S・K

    こんにちは!インターパークから佐野に引っ越した設計部のS・Kです。

    このブログに携わるのも今回で3回目です。
    1回目は条例のお話、2回目は空き家のお話…

    そして第3回目は…住宅の歴史+間取りのお話になります。

    家を建てたいと考えている方々が一番気にするのはやっぱり間取りですね。
    ここにリビングをおいて…お風呂をおいて…パズルのようにお部屋をはめ込んでいく時間は家づくりの醍醐味です。

    今では3LDKや4LDKが主流ですがそれも時代の流れ。
    昔は身分・立場または社会状況によって住める住宅に違いがありました

    しかし、昔の住宅でも現代の住宅の間取り構成に影響を与えているものは多いですし、 根本的な床、壁、天井といったつくりが変わることはありません。

    ちなみに今回スポットを当てていくのは当時の庶民の住宅です。
    現在一般的となっている間取りと比べながらこんな間取りもあったんだと思っていただければ幸いです。

    江戸時代

    【農家】
    大きな土間で農作業を行い、板床にて生活するスタイルが農民の主流になりました。
    代表的なものには「三間取り」「四間取り」と呼ばれる今で言う居室が3つ、4つと並んだだけのものです。

    農家には基本的に廊下はなく居間を通過して居間に移動するという形式でした。
    【町屋】
    町で暮らす商人、職人は表通りに店を構えて裏に住まいをもつ「町屋」に住んでいました。
    町では間口が狭く奥行きが長い住宅が連続しており、各部屋に光が入らないことはもちろん、他の家からの延焼もしばしば起こりました。

    玄関から入って続く長い土間は「通り庭(通り土間)」と呼ばれ、水廻りほかの設備はこの通り庭に設置されていました。

    明治~大正時代

    【中廊下型住宅】
    住宅の中で複数の居室が要求された時代です。
    水廻りなどのサービス空間は中廊下によって分離され、これによってプライバシーの確保につながりました。

    また、当時は男性の権威や知識人の象徴として客間兼書斎(もしくは両方)も間取りの中に頻繁に取り入れられました。
    女性の立場が確立されていない背景から、家事をする台所が条件の悪い北側に来ているのも分かります。

    南に居室、北側に水廻りを配置する構成は現代の間取り構成の基本にもなっています。

    戦後(昭和)時代

    【最小限住宅】
    第二次世界大戦が終戦すると住む家を失った人たちがたくさん現れました。
    当時は資材不足の影響もあって、住宅機能の合理化の考えが浸透していきます。

    そんな中で増沢洵設計の必要最低限の機能だけを持った「最小限住宅」が生まれました。
    その床面積は実に9坪(9坪ハウスとも言われています)。
    しかし小さいながらも2階建で大きな吹抜けが開放感を演出しています。
    【公営51C型(DK型)】
    最小限住宅から派生して集合住宅で取り入れられたのが「51C型(DK型)」の間取りです。
    今ではメジャーな形式の一つとなったダイニングとキッチンが一体となったこの間取りができたことで 食事室と寝室を分離する「食寝分離」の考え方が広まりました。

    そして昭和の後半からハウスメーカーが台頭してきました。
    すると当時の人たちの憧れは庭付きの一戸建て住宅に変化していきます。

    平成~令和時代

    平成に入ると地方では戸建て住宅をもつ考え方が一般的になりました。
    さらにどんな素材・色にするか、間取りにするかなど選択の幅が広がったことで 住宅の間取りにも多様性が求められることになりました。
    ここまで時代ごとの住宅の変遷を見てきました。
    住宅の間取りは流行り廃りに左右されやすく、当時の人々の考え方が色濃く反映されているものだと感じています。

    同時に国の経済状況や周りの環境、自分の立場にあわせた住まいに住んでいた時代もあったことが分かります。
    住む場所や間取りを自由に選択できるようになった今の時代はとても幸せなのかも知れません。


    令和時代は地球温暖化の影響もあって、生活の中で排出するCO2を減らそうとする取り組みが行われています。
    高断熱・高気密の省エネ住宅はもはや当たり前になってきていますね。

    また住宅業界は利便性の追求にも力を入れています。
    住宅全体の設備がインターネットで繋がるIoT住宅や住宅設備そのものにもAIを組み込むシステム開発も進められています。


    これからのニューノーマルな住宅はどんな間取りを生み出すのでしょうか?
    建築豆知識