石井工務店住宅性能講座 講座1

世界水準の高気密高断熱が実現した 冬暖かく、夏涼しい、 温度差のない家

健康改善に冬暖かく夏涼しい温度差のない家が求められています。世界水準の高断熱・高気密住宅

基礎断熱工法(IC-P工法) 石井工務店と岩手県立大学の研究機関との共同開発。基礎断熱は石井工務店が目指す世界水準の高断熱住宅に最適な工法

岩手県立大学
盛岡短期大学部
工学博士
本間 義規 氏

「地中の温度は地下10m程度で一定温度(地域に応じて10〜15℃)で安定する特徴があり、住宅の床下を地盤と一体化することで床下温度を安定化させるとともに外気の侵入を防ぎ床下の高湿化を防止できる利点があります。この基礎断熱工法を採用することにより冬暖かく夏涼しい、より快適で省エネルギー性にも優れた環境と共生するエコ住宅を実現できます。基礎断熱工法は寒冷地だけでなくその他地域でも十分な性能を発揮する優れた工法です。特に石井工務店の高水準の高断熱・高気密住宅には最適な工法であり、より高い環境性能を発揮することが可能となるでしょう。」

 

鍾乳洞の原理で冬暖かい基礎断熱工法。床下の温度が決め手!

「より暖かい家を」との想いから考案された基礎が、話題の『基礎断熱工法』。岩手県立大学・盛岡短期大学工学博士の本間義規先生と石井工務店が共同開発した工法です。 この工法の原理は、地中の安定した温度を基礎内に反映し、床の温度の不快感を軽減させ、家庭の冷暖房費の軽減を図るもの。ちょうど鍾乳洞の中のようです。冬場は暖かく、夏場は涼しく感じられると思いますが、これは鍾乳洞の温度は一年中14〜15℃とほぼ一定で、外気温が上下しているために暖かく感じたり、涼しく感じるのです。 『基礎断熱工法』は外周の立ち上がり部分を厚さ115㎜、床部分の外周から1mまでを厚さ50㎜で発泡ウレタンを吹きつけ、基礎内に外気の侵入を防ぎます。地下の安定した温度を基礎内(床下)に反映させることができます。基礎内の換気についても換気システム(排気)を導入し、基礎内の湿気対策も万全です。自然エネルギーを最大限に利用し、一年中快適な暮らしを実現。さらに冷暖房費を抑えることができるので、家計にもやさしい家になります。

夜、暖房を切っても温度低下は3〜4℃

第三者機関による実測で立証(計測は専門機関(株)システック環境研究所)

暖房を連続運転するのだから家の中が暖かくて当然。では切った場合はどうでしょうか。石井工務店の家の高断熱性能・保温性能を調べるために実測試験を平成14年1月17・18日に福島展示場(ブルーローズプラン)にて実施いたしました。室内の暖房温度は20℃の設定で和室にFF式石油ヒーター1台(4 kw)、リビングにエアコン1台にて運転。一般的な生活習慣に合わせるため測定者2名が居住する状態(人間の体温、呼吸時に発生する二酸化炭素により室内の温度は若干上昇します)で午前0時に暖房を切り、翌朝6時に再び暖房を入れる少し前に室内各所の温度を測定しました。

午前6時、外気温0℃に対して、一般の家では5℃ぐらいまで部屋の気温は低下します。しかし石井工務店の家は2階主寝室の温度は平均17.5℃、1階リビングは17℃、和室は16℃、洗面脱衣所は16℃という結果を得ました。このことから20℃に設定した場合、暖房を深夜12時に切って6時間放置し、早朝6時でわずか3〜4℃の温度低下に抑えることができる結果となりました。

 

経済性 1年間の冷暖房費が驚きの5万円台!

石井工務店の家は、次世代省エネ基準をさらに上回る高断熱・高気密住宅で、極めて冷暖房効率が高い性能であることが認められており、年間の光熱費も抑えられます。①次世代省エネ基準Ⅲ地域・基準値の家(Q値2.4)、②石井工務店の家(Q値1.34)、③石井工務店の家(Q値1.34)+オール電化の3パターンで給湯・冷暖房にかかる年間費用をシミュレーションにより比較。その結果、①次世代省エネ基準Ⅲ地域・基準値の家に比べて、③石井工務店の家+オール電化では、給湯・冷暖房費が約7割削減という結果になりました。

断熱性 北海道並みの高断熱性能

壁 〜北海道でもごく一部しか使用していない特別な断熱材「高性能24Kグラスウール」〜

石井工務店で採用している「高性能24Kグラスウール」はなんと受注生産品で、北海道でもごく一部の住宅しか使用していない特別な断熱材です。写真左側が24Kグラスウール、右側が一般の10Kグラスウールで、密度が大きく違います。繊維の密度が高い断熱材を使用することで、より暖かい空気を留めておく性能が高くなります。

 

天井 〜1000℃の炎にも強い準不燃材料「セルローズファイバー」(厚さ300mm)〜

天井部分にはセルローズファイバーという断熱材を吹き込みにより施工しています。これは国土交通大臣認定の準不燃材料。1000℃の炎にも表面が焦げるだけで、万が一火災が発生しても延焼を防ぎ、有毒ガスも発生しません。素材が木製繊維で出来ているので、高い防音効果もあります。

 

窓 〜部屋から逃げていく熱の半分以上は窓から。石井工務店の窓は、アルミの1000倍の断熱性!〜

石井工務店の家は全ての住宅の窓に国内最高水準を誇る『樹脂サッシ&アルゴンガス入りLow-Eペアガラス(高遮熱断熱複層ガラス)』を採用。アルゴンガスは空気中に存在するガスですが空気よりも熱を通しません。いわば空気の断熱材です。真夏の太陽熱を約60%カットするとともに、冬は室内の暖かさを逃がしません。冷暖房効率を向上させるだけでなく、カビやダニの原因になる結露の発生や有害な紫外線も防止します。また樹脂サッシはアルミの枠を使用した場合より約1000倍の断熱性の違いがあります。この差は大きい!この高品質で高価な『樹脂サッシ&アルゴンガス入りLow-Eペアガラス』をなんと標準採用しているのが石井工務店のこだわりなのです。

 

結露 〜温度差がないから結露対策も万全!〜

結露の原因は温度差です。暖かく湿った空気が冷たい物に触れた際、結露が発生します。冷たい飲み物が入ったコップの表面に水滴が付く原理です。住宅の場合、結露は窓廻りに多く発生します。しかし、アルゴンガス入りLow-Eペアガラスを採用した樹脂サッシなら結露を防止してくれます。また壁内結露についても壁内部に入れた高性能24Kグラスウールの外部面に防水透湿シートを貼り通気層を設けることによって、壁内部のグラスウールは常に乾いた状態です。徹底した結露対策で快適な生活をお約束します。

 

気密性 住宅内部の気密化を徹底的に実施

 

床、壁はもちろん、柱周りやサッシ周り、お風呂周り、玄関、コンセントに至るまで、石井工務店の家は徹底した気密処理をしています。建物の外周りや貫通部には徹底して発泡ウレタン・シーリングによる充填を徹底して行い、気密性能を確保します。また、断熱材も隙間なく施工し、湿気の侵入を防ぐために「防湿気密シート」を細心の注意を払って施工しています。だから壁内の結露の心配はありません。さらにコンセントやダウンライト、天井点検口には気密ボックスを採用し気密化を図りました。
 
 
 
このページのトップへ戻る