家づくりは初めてじゃないから、 ふたりにとってほんとうに必要なものを実現したい。

お子さまも独立され、夫婦でのんびり明るい
暮らしを実践されているWさまご夫妻。

「“女性が考えた女性のための家”、その言葉にぐっと心惹かれたんです」
快活な奥さまと多彩な趣味を楽しむご主人が明るく出迎えてくださったのは、広いスペースと飾り棚が上品なWさま邸玄関。お子さまも独立され、数十年ぶりに夫婦水入らずの生活を満喫しようというおふたりが新築を考えた第一歩は、住宅展示場で出会ったスタッフが差し出した名刺に刷られたキャッチフレーズでした。

「住宅展示場で見学した『石井工務店』のモデルハウス自体、モダンかつシンプルでとても好きなデザインだったんですよね。しかも、“実際にここで暮らすとしたら?”と考えた時、これから歳を重ねていく上で私たち夫婦にきっと必要になるだろうな、と思える気遣いがたくさん込められていることに気づいたんです。」

長年住んだ“我が家”があるからこそ、これからの“我が家”に対するイメージが明確に。おふたりにとって必要なファクターをきっちり収めながら、将来の夢がどんどん湧いてくる進行形の住まいが完成しました。

 

かけがえのない立地条件と一軒家のメリットを充分に活かして 生活の中心にあるスペースに住まう人の個性を。

将来に渡って日当たりと風通しを約束された 南側の開口を充分に活かして。

釣りが趣味だというご主人のために、
2階には道具収納兼書庫を作りました。

子どもたちが集い遊ぶ公園が南側に開けた明るい空間。以前は北側にあった玄関とキッチンを、一転、南側に配することで、たっぷりの明るさや風通しが実現しました。

「玄関は毎日必ず通る場所だし、お客さまを迎える場所でもあるから、やっぱり明るくなくちゃ。2階へ通じる階段も最初はダイレクトに付いていたんだけど、位置を変えて玄関からは見えないように。スペースが必要になるから狭くなっちゃうのかしら、と思っていたんだけど、むしろ玄関ホールがすっきりして広く感じられます」と奥さま。

そしてキッチンとダイニング、そして段差を設けて畳敷きの小上がりスタイルにしたリビングがひと続きになったスペースがおふたりの生活の中心。ふたりで料理を楽しむことも多いから、キッチンのスペースにはかなりの余裕を持って。「オール電化のキッチンは初めてだったけれど、調理スピードが速くてびっくり。鍋底が均一に熱せられるから、重たいフライパンを振らなくても炒め物がおいしくできるのね。お掃除もしやすいから、助かってます。」

食事やお茶で寛ぐシチュエーションも、ダイニング、窓際のベンチ、そして小上がりの卓袱台など実に多彩です。

ご主人のお気に入りは、フロアのちょうど中間点にあるベンチ。「妻の声や気配を間近に感じながら、リビングダイニング全体を見渡してお茶が飲めるここが最高。もし孫ができて外の公園で遊ぶようになったら、ここから見守っていてあげられるしね。」ふと気づくと、窓の外ではちびっこがキャッチボール。でも、その賑やかな声はほとんど聞こえません。二重ガラスの窓は、温度管理や結露防止に強いのはもちろん、遮音性も優秀。さらにマジックミラーにすることで、外からの明かりは採り入れつつ視線を防ぎ、快適な暮らしを静かに守ってくれています。

 

たくさんの“わがまま”がいい家づくりの栄養素。 未来に向かって暮らしを育てる。

廊下やキッチンなど、それぞれの
スペース用途にあわせた収納がいっぱい。

ユニットバスはYAMAHA製をチョイス。
ゆっくりと半身浴が楽しめます。

ドアを閉めれば部屋ごとのプライバシーが保たれ、開ければ開放感いっぱいのオープンスペース。そんなフレキシブルな空間を支えるのが、暖房&冷房効率の良さ。奥さまは振り返ります。「今年は宇都宮も寒い日が多かったけど、エアコンまで稼動させることはほとんどなかったわね。玄関ホールに設置した蓄熱暖房が家全体を暖めてくれました。」

そして、趣味性の高いWご夫妻が『石井工務店』を選んだもうひとつの理由。それは、構造材からキッチン、ユニットバスなどの設備を最大7メーカーから選べるフリーチョイスシステムをはじめとする自由度の高さ。

「長い間の夢だったのが、ゆっくり時間をかけて楽しむ半身浴。ぴったりのお風呂が選べて大満足です。」そう笑う奥さまに続けてご主人が、「収納についても随分わがままを言ったんですよ。“たくさんしまえて、でも目立たないように”なんて。どの部屋にも、廊下や玄関ホールにも収納スペースがたっぷり。でも生活スペースに狭さや圧迫感は全くないので、さすがだな、と感じています。」

ご主人がレンガ積みから手掛けたガーデンで花を育て、奥さまが愛らしい小物をシェルフに飾る。大切に建てた家を、住まう方々が大切に育てていく。そんな理想の暮らし方を実践されているおふたりに、家づくりの根本を改めて勉強させていただいたひとときでした。Wさま、本当にありがとうございました。

 
 
1. 家の顔である玄関にはホールスペースをとって明るく広々。壁と一体化した収納はすっきりと、“見せる”収納である飾り棚を配して。
2. モダンな現代住宅の中に本格的な和室を実現。白木の清々しさと天井の高さが印象的です。
3. 多彩なシチュエーションで寛ぎが満喫できるダイニングキッチン&リビング。家事動線や収納にも細やかな気配りが。
4. 暗くなりがちな階段にはトップライトをつけて太陽の光を採り込みました。2階廊下も明るい雰囲気に。
 
このページのトップへ戻る