明るい日射しが第一の条件。 若いふたりがゼロからはじめた家づくり。

モダンな照明はおふたりが
ひとつずつ吟味して選んだもの。

穏やかな丘を登ると、風の匂いが澄んできました。晴れた日には太平洋の水平線を望める高台の閑静な住宅街で、ひときわ目を惹くノーブルな外観がOさま邸です。ミルクチョコレートのようなこっくりとした茶色は、木目のような質感。アイボリーとの調和が若々しく調和しています。

ご結婚されて7年。これまでは一軒家をレンタルされて住まわれていたOさまご夫妻でしたが、周辺環境の変化を第一の理由に土地購入・新築を決断。まずは参考資料に、と見学した住宅展示場で『石井工務店』と出会いました。

「最初は日当たりもよかったんですが、その後に建った家に四方を囲まれたような状況になってしまって。私たちふたりにとってお日さまの光は、何よりも大切だったんだなあ、とその時実感しました。それに、冬はとにかく寒かった。手持ちの暖房器具を総動員しても辛いくらい(笑)。将来のことを考えても、今が“建てどき”かな、って。そんな時に見た『石井工務店』のデイジーというプランが気になって、これをベースに、自分たちがより暮らしやすい家ができないか、と思ったんです。」と奥さま。その時出逢った営業マンに土地探しから相談、ご夫妻が気に入った土地にプロが太鼓判を押すかたちで家づくりが本格始動しました。

ふたりの素敵なパーソナリティが、この住まいの主役です。

 

好きなものに囲まれて暮らしたい。 その夢を叶えるフリースタイルプラン。

まろやかなブラウンのインテリアが映えるよう、
床材には明るい色調のウッドを採用。

 

1階には、2階へと上がる階段を擁したダイニングを中心に、フラットに連なるキッチン、リビング、そして現在は本やCD、DVDを収納してある多目的スペース。いずれは子どもが遊びまわれるガーデンにしたい、と考える南側のフリースペースに向けて大きく窓をとり、広さ・明るさともに充実しています。実はこのOさま邸、玄関が公道に面していません。北側にある公道から引き込みの道をつくり、玄関とほとんどの居室の窓が南側に向くように間取りが考えられています。

「敷地面積は充分すぎるほどにありましたが、南側には一段高くなった場所に隣家がある。北側にはプライバシーを、南側には日当たりを確保するために、建坪を多少抑えてもこのプランニングがベストだったと思います。実際、現在の暮らしで狭さを感じたことは一度もないですしね」とご主人。

また印象的なのは、リビングに作り付けの収納を作らず、おふたりで選んだサイドボードやシェルフが空間にしっくりと調和していること。そして、雑然とした生活感がまったく感じられないこと。

奥さまは「ふたりとも、気に入ったものに囲まれて暮らしたい、という思いがとても強かったんです。照明器具ひとつとっても、本当に好きなものを自分たちで選びたかった。好みがはっきりしていたので、床材や壁紙、外壁にいたるまでたくさんの中から選べた『石井工務店』との家づくりは本当に楽しかったですね」と笑う。「特に主人は、オーディオや読書、映画鑑賞が趣味だけどリビングにごちゃごちゃモノを置くのは嫌いだから思いきって書庫を大きく作って。いずれ子どもができたらプレイルームになるし、ふたりの両親が来たら居室にもなるし、フレキシブルに使えていいね、って。」

 

あたたかさは、暮らしやすさ。 安全で安心な暮らしに必要なこと。

ニッチやキッチン収納など、
細部に女性らしい遊び心が満載。

お客様をお迎えする玄関は、
シンプルモダンの中にもブラウンの温もりを。

「子どもが大きくなったとき、ちゃんと顔をあわせながら生活できるように」と、2階の個室へと上がる階段はリビングダイニングスペースに。しかも、踏み板の幅や高さなどには、安全性とデザイン性をかなり考慮した在来工法ならではの手法が活きています。

2階にも四方から陽射しが入り、ベランダとベランダに連なるホールは洗濯物もよく乾きそう。

「ふたりとも日中は働いているので、家の中でお洗濯物が干せるのはとても便利。日中の暖気が充分あるので、乾くのも早いですよ。冬は蓄熱式の暖房が家全体をやさしくあたためてくれるので、どこにいてもぽかぽかです。そうそう、驚いたのは、すごく冷え込んだ冬の夜にベッドに入っても冷たくないこと。朝になっても充分あたたかいので、起きるのも辛くないです」と奥さま。

 

おふたりの暮らしをコーディネートするのは、何よりもおふたり自身。そのお手伝いをできたことに喜びを実感するとともに、「家づくりは出逢い」の楽しさを再確認しました。
Oさま、本当にありがとうございました。
 
 
1. シャープなコントラストとナチュラルな質感が個性的なOさま邸の外観。エクステリアのデザインもとてもモダンです。
2. 奥さまの希望を実現した明るい対面キッチン。フラットに連なる寛ぎの空間は、木のぬくもりにあふれています。
3. 多趣味なご主人のコレクションをすっきりと収納する多目的スペース。大きな開口部を閉めれば独立した空間に。
4. 振り分けスタイルの個室を繋ぐ2階のホールは充分な広さと明るさ。階段自体の安全性やデザイン性にもこだわりが。
 
このページのトップへ戻る