住まいづくり実践隊

 

エコカラットの能力

post by 工事部 | 2017.10.09 00:00

こんにちは、今回は室内専用タイルのお話です。

リクシルの商品で室内壁に貼るタイルですが、お客様満足度80%以上(リクシル調べ)と好評のようです。

実際に設置された方は、初めから付けたからわからないという方もいましたが、においが以前の住まいより気にならないというお話も確かに聞きます。

 

メーカーでは4つの特徴を説明しています。

1、調湿効果 

2、におい取り(脱臭)

3、有害物質をとる

4、お手入れ簡単(エコカラットプラスのみ)

人によりけりですが、機能もさることながら、壁にタイルのアクセントとしても十分に使えます。

これから新築の方は一度候補に考えてみてはいかがでしょうか?

また、リフォームも可能な商品ですので、模様替えにも使えそうです。

参考動画はイメージです。

参照してください。

今日はここまでではまた

住宅基礎コンクリート保護について

post by 工事部 | 2017.09.24 00:00

こんにちは。今回担当のMです。

前回のブログでは白化現象のお話でしたので

今日はコンクリートの保護を考えてみました。

現在、弊社では基礎工事で出来上がったコンクリートの保護はハウスシューズという商品で

保護しています。2015~6年頃から切り替えました。

前回の記事を参照

 

 

で、本題です。住宅基礎コンクリートの方法は大きく分けて4つになります

1、何もしない(コンクリート事態の耐久性のみ)

2、モルタルで仕上げ(うす塗や樹脂モルタルでの塗り付けも含む)

3、樹脂モルタルの上に塗装

4、不陸調整して塗装

に分けられます

現在の弊社は3番に当たります。多くのハウスメーカーも3もしくは4が主流です。

1の場合はコンクリートの中性化(劣化)が怖いです。

2の場合もモルタルの劣化があった場合同じように基礎コンクリートに影響が考えられます。

で、保護いう意味では、風化や中性化を防ぐ、影響させないのが目的になると言えます。

コンクリの寿命は一概に言えないのですが、通説では幅が広いですが30年から100年(配合による)と言われています。少しでも延命をするためには知らないかでも多少は知識を持っていた方がいいと思います。

2~4は一応コンクリートが外気に触れないので保護されているので、表面に劣化などの変化がない場合は安全だと判断できます。

問題は1の何もしていない素地仕上げ場合です。20年くらい前までは多く見られたのですが、最近はまったく見なくなりました。プロに頼み費用をかければ、すぐにでもできますが、安くない費用ですよね。もし、自分でやる気がある方はDIYでもできますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

比較的簡単なので下記を参照にしてはいかがでしょうか

 

 

基本的な施工の流れの動画(基礎ではないですが、工程手順は同じです)

 

でどんな材料がいいかといいますと参考ですが、日本ペイントの材料

 

 

上記の動画を見て、材料を理解してからこの動画を見るとよりよく解ります

 

 

 

どうでしょうか、参考になりましたでしょうか。 

今回はここまです。ではまた 

白華現象 

post by 工事部 | 2017.09.09 00:00

皆様ブログをご覧頂きありがとうございます♥

今日は、基礎の白華現象についてお話ししたいと思います。

そもそも白華現象とは何か?

『モルタルに含まれている水酸化カルシウムが、雨水などに溶けて表面に移動し、空気中の二酸化炭素等と反応し、炭酸カルシウムになる現象・・・"(-""-)" 』

わかりませんよね((+_+))

画像で見ると、こんな感じです。

 

コンクリートの白華現象はエフロレッセンスとも言い、基礎が白っぽくなります。

一般的には日当たりが良い南面で起こりやすく、気温の低い冬場に発生しやすいと言われています。

梅雨やこれからの秋の長雨時期に降雨量が多く湿度が高い日が続くと発生する可能性が高くなったりもします。

この現象は中々防ぐことはできませんが、製品上はご心配なく(^_-)-☆

でも、気になりますよね(>_<)

じゃあ!どうやったら落とせるのか?

2~3年位かかりますが、自然環境でも消えていく場合もあります。

つまり雨で流されていくのです!(^^)!

でも~、消えないときはどうするか?

 ①先ず、水洗いをします。

 ②次に希釈酸で洗います。

    ↑難しい言葉ですね。家庭用の酸性洗剤を薄めたものでもOKです。

 ③最後に、十分に水洗いをします。

   (絶対にやってください)

    理由はアルカリ性コンクリに酸性を使うと中性化に繋がります。

    コンクリは中性化を嫌います。

 

例えば、発生したばかりであれば、やさしくブラッシングしながらの水洗いでも落とせます。

コンクリートは強いアルカリ性ですから、酸性に触れることは決して良いことではありません。

ですから、どうしても気になる時にお試し下さい。

また、メンテナンスの豆知識をお届けさせて頂きます。

エコキュートって?

post by 工事部 | 2017.08.24 00:00

こんにちわ。
まだまだ暑い日が続いき夏バテ気味の私ですが、一日の疲れを取るのがお風呂!
お風呂に必要なのがお湯!
と言うことで今回はエコキュートの仕組みを簡単にご説明したいと思います。

                                             ヒートポンプ給湯機では、大気中の熱を汲み上げるために電気のエネルギーを使います。
汲み上げた熱をヒートポンプユニット内で圧縮してさらに高温化し、貯湯タンクからの水を水熱交換器で温めてお湯を沸かします。

空気の熱で効率よくお湯を沸かし、光熱費がおトク。

まずエコキュートは、空気の熱で効率よくお湯を沸かすので、必要なエネルギー(電気)が少なくて済む、ヒートポンプ給湯機です。

新築・リフォーム計画のある方は是非ご検討下さい。

暑い日には温かいお風呂に入って冷たいビールをキュッと最高ですね。

ではまた。

 

 

リンクするスイッチ

post by 工事部 | 2017.08.09 00:00

皆さんこんにちは。
毎日毎日暑い日が続いてますが体調など崩されておりませんか?

今回の住まいづくり実践隊は、パナソニックさんのスイッチの紹介を少しだけさせていただきます。

石井工務店の標準仕様のコスモシリーズワイド21スイッチです。大きな操作面で使いやすさ抜群です。↓

スイッチがOFFの状態でグリーンのランプが点灯するほたるスイッチ。部屋が真っ暗でもスイッチ位置がすぐわかります。↓


それから、今回特に紹介したい少し変わったスイッチ!
標準仕様ではないのですが、アドバンスシリーズのリンクモデルです。
こちらのシリーズ、スマホややリモコンで家中の照明を個別操作、シーン操作、一括操作、タイマー操作と思いのままなのです!!

 

 

まさに今どきな感じのスイッチシステムで個人的に憧れます‥‥(笑)
興味を持たれた方は是非、展示場に足を運んでいただければ幸いです。

それでは、今回はこの辺りで失礼しま〜〜す。

 
このページのトップへ戻る