カレンダー
最新記事
カテゴリー
アーカイブ

石井工務店社長 Profile

1960年3月生まれ郡山市出身
日本大学東北高校卒業後、23歳で石井工務店に入社高性能・高品質住宅を低価格で実現させたIC-P工法を開発さらに福島県内で2番目に次世代省エネ基準適合住宅を取得。
2000年に「女性が考えた女性のための家」として好みや用途に合わせてキッチンから構造体まで選べるフリーチョイスシステムを導入。
2006年からは全国フランチャイズ展開を開始している。
趣味は読書とゴルフ。

 

ドキュメンタリー放映

post by 社長ブログ | 2009.10.01 10:00

 秋涼の候、みな様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。シルバーウィークも終わり気づけばもう今年も10月。残りわずかとなりました。
まずは先月19日に福島テレビ、とちぎテレビで放映された当社のドキュメンタリー番組はご覧になって頂けましたでしょうか。今回は白河展示場のリニューアルOPENを題材にどのように展示場ができあがるか?ライフプロデューサーがどんな想いで作り上げていくか?また当社のこだわりなど紹介して頂きました。ご覧になられた方からは大変好評頂きました。もしまだご覧になられていない方がいらっしゃいましたら、貸し出し用のDVDを各展示場に準備しておりますのでお気軽に声をかけて頂ければと思います。

 話しは変わりまして、前回のブログでお話させて頂きました北海道での講演の話しを少ししたいと思います。当日は朝一の飛行機で北海道まで行き午後から1時間ほど講演させて頂きました。当社の会社概要から営業手法に至るまで、他社との差別化を実現するために行っていることなどを、すばらしい会場で私よりも経験の多い大先輩方を前に恐縮とは思いながらもお話させて頂きました。

会場にいらっしゃいましたみな様にはご清聴頂き感謝しつつ、少しでも参考になれば幸いと思い講演を終了しました。


読書の秋

post by 社長ブログ | 2009.10.17 14:00



秋もたけなわの今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。『味覚の秋』、『芸術の秋』など様々な秋をお過ごしのことかと思います。






今回は『読書の秋』ということで最近読んだ中の一冊を御紹介させていただきます。
 
        

かんき出版 筆者:長谷川 和寛氏
   2000社の赤字会社を黒字にした 
         『 社長のノート 』
      仕事に大切な「気づきメモ」







『社長のノート』は著者が27歳の時から、「おやっ!」と思った事を書き始め、社長になってからも書き続けた「おやっとノート」です。著者は実践して役立つ基本的な仕事術、そして100年に一度の大不況時代の中で、どのような社員になれば生き残れるのか!また、こんな時代でも力強く周りの家族や組織を守り、信頼され、喜ばれる働き方はどのようなものか!を173ページにわたり書き綴っております。私は以前からも趣味は読書ということもありまして様々な本を読んでまいりましたが、その中でもいい本に出会ったと考えております。当社ではこの『社長のノート』を経営理念、使命感と共に全支店にて朝の朝礼時に唱和しております。唱和することで、社員1人1人に『社長のノート』を通して仕事に対しての考え方・進め方・向上心、そして再度お客様の重要さを心に刻み、日々の業務に生かして実践してほしいと思います。記載してある内容は経営者としてはもちろんのこと社会人として、仕事をしていく上で全てプラスになる事項なので興味を持たれましたら読まれてみてはいかがでしょうか。




当社におきましてはおかげさまで受注件数の増加により多数の着工物件が年内に見込まれております。そこで、私をはじめ業者様にも参加いただき『現場のショールーム化』そして徹底の意味を含めまして安全パトロールを強化実施しております。今年残りあと約2ヵ月となり、年末に向けて慌しい日々の中でもお客様の夢のお住まいを実現し、充分に御満足いただけるよう更に精進してまいります。
                     










 
このページのトップへ戻る