カレンダー
最新記事
カテゴリー
アーカイブ

石井工務店社長 Profile

1960年3月生まれ郡山市出身
日本大学東北高校卒業後、23歳で石井工務店に入社高性能・高品質住宅を低価格で実現させたIC-P工法を開発さらに福島県内で2番目に次世代省エネ基準適合住宅を取得。
2000年に「女性が考えた女性のための家」として好みや用途に合わせてキッチンから構造体まで選べるフリーチョイスシステムを導入。
2006年からは全国フランチャイズ展開を開始している。
趣味は読書とゴルフ。

 

すっかり寒くなりました

post by 社長ブログ | 2007.10.13 18:30

10月に入り、日中はまだまだ夏のなごりが感じられる日があるものの、朝夕の風は冷たく、めっきり冷え込むようになりましたが、皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか?
 今年も残すところ3ヶ月となり、石井工務店も5年後の上場を目指してスタ-トしてから2年目の秋を迎えます。
私も、社員も年の瀬に向かい、もうひと頑張りしなければと思いながら、大変忙しい日々を送っております。
 11月に「ニュ-コンセプトシリ-ズ新商品発表会」を控え、連日打ち合わせが続いてる毎日です。
これまでのニュ-コンセプトシリ-ズに新しい3つの商品が加わります。また、ライフコンセプトシリ-ズとクラフトシリ-ズの新しいシリ-ズが誕生します。
これまでのニュ-コンセプトシリ-ズは
(1)Marhen HAUS(メルヘンハウス)
   夢の中のお城のイメ-ジの中で、家族みんなが、やさしく暮らせる住まい。
(2)凛 (りん)
    健康的な木の温もりが家の内外に感じられる住まい。
(3)PROTO(プロト)
    都市の先端感覚を満喫するハイセンスな住まい。
(4)ろだん
    囲炉裏のある古民家を現代に再現した住まい。
(5)CASUAL(カジュアル)
    モダン&カラフルライト感覚にあふれた若々しい住まい。
(6)いぶき(いぶき)
    蔵の佇まいに日本人の粋が伝わる新和風住宅。
(7)Villa(ヴィラ)
    バリ島のコテ-ジをイメ-ジした開放感あふれる癒しの住まい。
(8)セピア
    懐かしい景観を現代に蘇らせた古民家風の住まい。

ここに「女性の目線とプロの知識であなた仕様の家を!」をモットーに、
(9)NOCE(ノ-ス)
    強くて優しい自然素材を生かした北欧風の住まい。
(10)Yu:bi(ゆうび)
    身近な和にかえろうをテ-マに、数奇屋づくりの趣を現代感覚で表現した、新しい和風スタイルの住まい。
(11)Logy.(ロジ-)
    エコロジ-ハウスを目指した、森の中のコテ-ジにいるような、爽やかで贅沢な空間が広がる、自然のぬくもりを伝える住まい。
(12)mono(モノ)
    日常化から切り離された上質をテーマに、深い木彫とコンクリ-ト、モノト-ンを基調としたオブジェのような住まい。
のニューコンセプトハウスに3つの新商品が加わりました。

  さらに、ライフコンセプトシリ-ズとして
(1)彩(さい)
    車いすになっても寝たきりになっても、生涯住み続けられる家を目指した、高齢者生活や介護に配慮した住まい。
(2)SKIP(スキップ)
    空間の変化を楽しみながら、家族の「ここにしかない生活」を作り上げることができる住まい。の2つの商品が誕生し、

クラフトシリ-ズとして
(1)BSCIC(ベ-シック)
    家族の家を私らしく、パズルのように楽しみながら、自分たちの理想通りに自由に空間を作り上げていくことができる住まいが誕生しました。

  是非、皆様に各展示場まで足をお運びいただき、「ニュ-コンセプトシリ-ズ新商品発表会」を観て、聞いて、触れて、未来の我が家を体感していただきたいと思っております。小さなお子さまから、おじいちゃん、おばあちゃんにも楽しんでいただけるような企画を用意してお待ちしております。
どの家も、冬暖かく、夏涼しい家であり、基礎から外観デザイン、内装にいたるまで、本当に満足いただける家づくりには、お客様ひとりひとりの生活様式に合わせた配慮が欠かせません。石井工務店では、お客様のご要望に対し、女性ライフプロデュサ-が親身になって対応致します。女性ならではの視点とプロのノウハウを活かし、母親や妻、ときには子どもの立場から、より快適な家づくりへのご提案を行っております。
  また、石井工務店の土台であるプレジデントホ-ムは、世界水準の性能を持ち、国の耐震基準をクリアし、震度7にも耐える地震に強い家です。高断熱で冬も暖か、結露対策も万全です。さらに、24時間換気だから汚れた空気を排出、戸外の新鮮な空気がいつでも部屋に流れています。
徹底した気密化施工と全棟気密検査を実施、冷暖房効率が高いから電気代も少なくてすみます。

  話は変わりますが、このたび当社女子社員がめでたく結婚の運びとなりました。彼女は本来の職務にとどまることなく、石井工務店の縁の下の力持ちとして、多岐に渡り、女性ならではの細やかさで、多大な力を発揮してこられました。結婚を機に支店へ転勤することになり、まるで愛娘を嫁がせる父親のようなうれしくも寂しい思いがこみ上げてきます。
 最後に「結婚おめでとう!俺は寂しいぞ!幸せになれよ!」のことばを贈りたいと思います。


笠間君おめでとう!!

post by 社長ブログ | 2007.10.27 10:23

笠間君おめでとう!


秋も深まり雨が降る度に急に寒さが増してきたように感じますが、皆様におかれましては体調など崩すことなく元気でお過ごしでしょうか。

今回は先月の20日に当社宇都宮支店の笠間君の結婚式があり、ご招待頂いた際に祝辞を述べさせて頂きましたので、それを紹介致します。

『本日はめでたくご夫婦となられました笠間君、有紀さんおめでとうございます。また、ご両家、ご親族の皆様、誠におめでとうございます。

新郎の笠間君は日本大学を優秀な成績で卒業し、当社の宇都宮支店に入社されました。最近、ようやく社内研修を終え接客業務を始めたところで、これから活躍が期待されるところでございます。

私の笠間君の第一印象は「笑顔」がすばらしい、素直な青年という感じを受けました。ご両親の愛情を一身に受けて成長してきたのだと思いました。それから、私が有紀さんの事を知ったのは社内研修後の打ち上げでした。当然ながら飲酒運転防止のため帰路の確認をした際に、有紀さんの「存在」と「アパ-ト」を知りました。というより、認識させられたのです。私から何の質問をしなくても、事細かく話してくれた。そんな記憶があります。


ここで、当社の経営理念を紹介させて頂きます。
「志を高く、夢を持ち、夢の現実化に情熱を維持しよう。」
志を大きく持ち続ける事が成長を促す。時代の流れを読み、感じ、促し、人間として成長し、躍進を続け、夢を手の中に掴むことが出来ます。その原動力すなわち情熱なのです。情熱を持ち続けましょう。

つまり、志を大きく持ち続けることが成長していく上で大変重要なのです。まずは笠間君自身の将来のビジョンと、有紀さんとのライフスタイルとをしっかりと計画し、それを持ち続けて下さい。それから、時代の流れは早いですから時代を常に読み、感じとらなければなりません。時代の流れに逆行するようではならないのです。そして、年を重ねていけば業績も地位も上がっていくわけですから人間として成長し、躍進し続けなければなりません。そうすることによって夢を手の中に掴むことができるのです。その夢に向かっていく原動力こそが情熱なのです。そこには有紀さんの存在が必要なのです。

普通であれば「相互信頼」や「顧客満足」を掲げるのでしょうが、私はその前に人であると考えております。人を作ることが経営であると信じております。それが人の生き方ではないでしょうか。笠間君、有紀さん、志又は夢を高くお持ち下さい。夫婦は天秤です。片方が重くても、片方が軽くてもいけません。夫がして欲しいと思っている事を妻にしてあげて下さい。妻がして欲しいと思っている事を夫にしてあげて下さい。片方だけでは釣り合いません。勉学にしても、仕事にしても人生には色々な事があります。同じ志、夢を持って、二人手を取り合って天秤のように生きて下さい。

最後に、皆様のご健康とご発展をお祈り致しまして、簡単ではございますが、挨拶に代えさせて頂きます。本日は誠におめでとうございます。』

大変素敵な結婚式でした。笠間君本当におめでとう!!これから有紀さんと幸せな家庭を築いて下さい。


 
このページのトップへ戻る