建築豆知識

 

やっと春めいて来ました。

post by U2 | 2017.03.10 00:00

皆様、初めまして。

宇都宮支店 設計部のU2です。

 

前回、第一回目でありながら結構ハイレベルな内容でしたが、今回は第二回目であるにも関わらず初級中の初級のお話です。

 

 

建築関係のみならず、様々な分野、人達が使っているアイテムの中にコンベックス(巻尺)があります。使用方法は至って簡単。先端のL型金具を測りたい部位に押し付ける。又は、引っ掛けるだけ。

 

ただ、その先端の金物にビミョーなガタつきが・・・ この前後するガタつきがL型金物の厚み分だけ摺動し、押し付けても、引っ掛けても先端で0の位置になる様になっているのです。

 

決して加工精度のミスでは無いのです。

 

※ 因みに、私の身体は至る所でガタつきが出始め、金物補強をしようかと思案中です。

初めまして!

post by H | 2017.02.09 00:00

みなさん 初めまして!

郡山北支店 設計部のHと申します。

 

今月から石井工務店のホームページに新しいブログ、「建築豆知識」がスタートです!

建築に関する情報や用語、雑学など 初めての家づくりを考えている方に役立つ情報を発信していきます。

 

第1回目ということで、初級編です。

 

建ぺい率? 容積率?

 

建替えの方やこれから土地の購入を検討中の方、家を建てるさい建物の面積に法規制があるのをご存じですか? 

敷地面積に対してどれだけの規模の建物を建てられるかの規制で、都市計画などによって地域ごとに限度が定められています。

 

 

建ぺい率は、敷地面積に対する建築面積(建物を真上から見下ろして、壁や柱の中心線で囲まれた部分)の割合。

例)建ぺい率=50㎡÷100㎡×100(%)=50%

 

容積率は、敷地面積に対する延床面積(各階の床面積の合計)の割合。

例)容積率=(50㎡+50㎡)÷100㎡×100(%)=100%

 

地域によって 建ぺい率・容積率の数値は変わります。

敷地に対して道路の接し方などによっても割合の増減がありますので、展示場にお越しの際にスタッフにご相談ください。

 

 

 
このページのトップへ戻る