建築豆知識

 

建築動物用語

post by BB | 2019.02.12 09:49

大変ご無沙汰しておりました、郡山南展示場 設計部のBBです。

 

大寒が過ぎ春分を迎え、暦の上では春、しかしまだまだ寒いです。

 

そこで今回はホンワカと建築の{動物用語}についてお話してみたいと思います。

 

 動物用語は、建築現場に限らず、様々な業種でも使われていると思いますが、今回は特に建築業界でよく使われる動物用語を二三紹介します。

 

まず最初に「ねこ」 手押しの一輪車のこと。(猫車)

          猫のように狭いところに入ることが出来ることから。

          上下逆さにした一輪車が猫のように見えるから。等々

 

 二つ目は「トンボ」 Tの字型をした道具、物を総称しているよう。 

          左官屋さんがスラブコンクリートを最初に抑える道具。 

          地面を(グランドなど)均すのに使う道具。

          土地にトンボを掛ける。 

          トンボクレーン。等々

 

三つ目は「馬」 現場で使用する台のこと。

          足場板や角材をかけ渡す4本足の台。  

          長物の材料等の保管、運搬する際に置く4本足の台。

          4本足のスペーサー。等々 

           基本4本足の台とゆう感があるが、材料と材料の間に挟む物も

           「ウマを掛う」といい、ウマと表す様です。

 

今回はこれでお仕舞いと致しますが、他にも「サル」「アリ」「デンデン」「トラ」「ハト」

「エビ」、、、それぞれに、見た目、結われが有ることを踏まえて、見聞きして頂ければ、もっと

もっと楽しくなることでしょう。

 
このページのトップへ戻る