建築豆知識

 

建物の高さの制限

post by H | 2018.05.10 00:00

皆さんこんにちは。

郡山北支店のHです。

 

今回は、建物の高さの制限についてです。

 

まずは、どうして制限するのかですが 道路上空の確保・日照や採光、通風などを確保することを目的としています。

この制限を道路斜線制限といいます。

 

建物の高さは決められた一定勾配の斜線の内側におさめなければなりません。

用途地域により異なり、大きく分けて2つあります。

 

① 第1種低層住居専用地域 第1種住居地域 等の 住居系

② 商業地域 工業地域 等の その他

 

 

 

 

敷地と道路の高低差、建物の離れなどの条件により、斜線が緩和される場合がありますので参考の図になりますが、基本的に 道路の幅 x 係数(1.25又は1.5) で計算したものが道路斜線になります。

 

この制限により屋根の形状や建物の離れなど、建物を計画する時に注意しなければなりませんので詳しくは、ご相談頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
このページのトップへ戻る