建築豆知識

 

土地選びについて

post by Y | 2018.03.09 00:00

みなさんこんにちは、郡山南支店 設計管理部のYです。

 

 

土地選びで最も大切な事は、 「家が建てられる土地であるか」という事と「その土地が自が自分達が一生過ごすのに本当に適した土地か」という事です。

 

又、土地を見に行く時は平日の昼と夜との近隣の環境面を、自分の目と足とで確かめてみる事が大切です。

 


土地選びのポイント

 

①法律的に家を建てられる土地であるか

建築基準法・都市計画法・農地法等でいろいろな決まりや制限がありますので、役所に土地資料を持参し調べておきましょう。宅地であっても家が建てられない土地もあるので注意が必要です。


②近隣環境はどうか

閑静で住宅地にふさわしい、環境の良い土地であるかです。全面道路の交通量や近くに工場等がある場合は騒音や公害源がないかも調べましょう。


③近隣の公共施設等の有無の確認

幼稚園・学校・スーパー・コンビニ店等が近くにあるか 又、病院・郵便局・銀行等があるのかも確認しましょう。


④設備等の状況は

電気・水道の引き込みはなされているか、水道の引き込みがあれば口径の確認をしましょう。汚水は下水道か浄化槽設置かも調べます。
雨水の排水は側溝等への放流は可能かも調べます。


⑤買おうとしている土地が抵当に入っていないか

法務局で土地謄本の交付を受け、土地が銀行等の抵当に入っていないかを確認しましょう。又、土地の売主と所有者が異なっていないかも調べましょう。


⑥土地の形状・境界標・面積はどうか

形状は道路が南と東にある東南の角地と呼ばれる土地、また東にある東西に長い長方形の土地が理想的な土地です。境界点には境界杭があるかも確認する必要があります。
売買面積は実測売買と公簿売買(謄本に記載されている面積)とがあり、一般的には実測売買で取引されています。

 

 

株式会社石井工務店では家を建てたいが土地をお持ちにならいお客様へ土地探しのお手伝もしておりますのでご用命下さい。

 

 
このページのトップへ戻る