建築豆知識

 

近代建築

post by m | 2018.02.10 16:15

宇都宮西支店 設計Mです。
近代建築の建物が那須塩原市にあります。
国重要文化財の旧青木家那須別邸です。
明治時代に外務大臣等を務めた人の別邸です。
この建物は明治21年(1888)に建築されました。
当初は中央の2階建ての部分だけでしたが、


明治42年(1909)に増築し、ほぼ現在の形になったそうです。


設計者はドイツで建築学を学んだ松ヶ崎萬長(つむなが)という方です。(自分は知らない)
この青木邸は、軸組や小屋組にドイツ様式の構法を採用し(非公開、見てみたい気もする)
外壁に鱗形のスレート


を用いるなどの特徴をもつ貴重な近代建築だそうです。

歴史的な建物を見るのが好きなMでした。

 

 

 

 
このページのトップへ戻る