建築豆知識

 

デッドスペースの活用法

post by S | 2018.01.10 00:00

新年明けまして おめでとうございます

 宇都宮支店設計部のSです。
今回は、あったらちょっと便利かも知れないロフトや小屋裏収納等のお話です。

 

  

 

暮れの大掃除の時などにも捨てたいけど捨てられない、でもどこにしまっておこう?
なんて物もあったのではないですか。


そんな時にあったら便利なのが、ロフトや小屋裏収納ですね。

(ここでのロフトはあくまで収納の場所とします)


元々は何にも使用する予定のなかったデッドスペースを有効活用出来るようにした部分です。

でも便利だからといっても無制限に設けることが出来るものではありません。

ロフトや小屋裏の最高の内法高さは1.4m以下、水平投影面積が下階の床面積の1/2未満であること(基本)これを越えてしまうと階として扱うことになってしまいますので、注意が必要です。

2階建てのつもりが3階建てになってしまったなんてことにならないように。また、設置するには当然コストもかかります ご予算とも相談してね。

 

これから住まいを計画する皆様、敷地に余裕がなく収納に困ったらデッドスペース等がないか、もう一度見直して見るのもいいかもしれませんよ。

 

 
このページのトップへ戻る