建築豆知識

 

風水・家相の基本のはなし

post by Y | 2017.08.10 00:00

皆さん今日は、福島支店設計部Yです。

 

 

今回は、風水・家相 の基本を話したいと思います。


元来、風水の考え方は「東から太陽が昇り西に沈む」といった「自然現象」がベースになております。

住まいも自然現象(「土」「太陽」「風」「水」)を効率よく取り入れ「運」を呼び込む事だと言われています。

 

まず家の方位を求めましょう。家の北はどこか?中心はどこか?

 

8方位(南・北・東・西・北東・南東・南西・北西)に振り分けて見る。

 

特に北東(表鬼門)南西(裏鬼門)は注意すべき鬼門方位です。

 

元来神聖な方位なので、水場や不浄なものがあると凶のパワーが働くと言われており注意が必要です。
又、建物の「張り」「欠け」も運気に影響するので家相上 出来るだけ四角に近き形が良いとされています。

 

 

 

では、家の顔である玄関はどうでしょうか。玄関は「幸福」の気が家のなかに入ってくる所であり、又「「厄落とし」の空間といわれており、狭かったり雑然としていては「幸運」はやって来ません。
又、よく「鬼門の玄関は凶相」といわれますが現代の風水家相ではそのような事は無いようで、どの方位にあっても良いようです。

 

キッチンはどうでしょうか。
キッチンは火を使うレンジと水を使うシンクの位置が重要なポイントとなり、家の中心 鬼門ラインに上にかかる場合は凶作用が働くようなので注意しましょう。

 

トイレはどうでしょうか。
同じように鬼門ライン上に便器がかかるのは注意しましょう。

 

いづれにしてもどの方位あっても、いつもきれいにしておく事が大切です。

 

以上、いろいろな土地の状況・建物プランがありますが、出来るだけ「幸運」をもたらす家相を考えて設計しましょう。

 
このページのトップへ戻る