建築豆知識

 

「がけ」

post by BB | 2019.12.10 16:58

ご無沙汰しておりました、郡山南展示場 設計部のBBです。

 

 

本年も残りわずかの、年の瀬になってまいりました。

台風被害にあわれた皆々様には、より一層の気苦労とお察しいたします、元気を出して頑張りましょう。

 

宅地造成上及び条例等の「がけ」についてお話ししたいと思います。

 

 

「がけ」の定義:地表面が水平面に対し30°を超える土地で、高さが2.0mを超えるもの



上記の様な「がけ」を持った宅地に家を建築しようとする方は、配置や安全性に関して
十二分な検討、配慮をしなければなりません。がけ付近は非常に危険なエリアであります。

 


よって宅地内外の高低差が「がけ」と判断される場合は、建物を危険エリアから外して配置するか、がけ面に擁壁を配置する、がけ面を保護する、がけ面の治水を施す、等の処置を講じなければ、安全な宅地とは言えません。

 

宅地の周りをもう一度見まわしていただき、安全な宅地を確認してください。「がけ」の話でした。

 
このページのトップへ戻る