建築豆知識

 

和室の「畳」

post by 郡山南支店Y | 2019.06.10 00:00

皆さんこんにちは、郡山南支店 設計管理部のYです。

 


 

今回は、和室の「畳(タタミ)」のお話です。

 

日本では古く縄文時代から、住居に「わら」を敷いて生活をしていたと言われています。

その後、室町時代に入り初めて武家屋敷に畳を敷き詰めたとされ、16世紀の終わり頃に京都で畳の大きさが規格化されました。


京都では一定の規格の畳に合わせて柱の間隔を決めていく「畳割り」という方法が用いられようになり、6尺5寸(1972mm)が、一間(いっけん)となる京間が出来たのです。
京間を関西間と呼ぶようになりました。

 

これに対して、江戸では6尺(1818mm)を一間とする「柱割り」が出来ました。これを江戸間と呼び、関東間となったのです。

 

以前住んでた地方から別の地方へ引っ越しした時に部屋の大きさが同じ6帖なのに大きさが違うなんて経験をされた方もいるのではないでしょうか。
それは地方によって畳の「1帖」の大きさが異なるからなのです。

 


最後に関西間(京間)と関東間(江戸間)について詳しく説明します。


「関西間」
京都が発祥で関西地方を中心に広まっている規格です。
1帖のサイズは、6尺3寸x3尺一寸5分(1909mmx954mm)で、畳に合わせて柱間隔を決めています。
現在はあまり使われていないようですが、京町家などに見る事が出来ます。

 

「関東間」
北陸地方や関東地方以北で多く見られる規格です。
1帖のサイズは、5尺8寸x2尺9寸(1757mmx879mm)で、柱の芯々押さえで決めています。

第1種低層住居専用地域における建築制限

post by Y | 2019.05.10 00:00

皆さん今日は、ご無沙汰しております福島支店設計部のYです。

 

今月から元号が「平成」から「令和」に替わり新時代の幕開けになります。平和で穏やかな時代になりますように。

 

さて住宅を新築、建て替え等する場合には、建築基準法に適合していることが必要になります。

土地には、それぞれの地方自治体ごとに都市計画区域を定め、その中を住居系・商業系・工業系等12の用途地域に区分けされております。又建築制限も定められています。


特に住居系の中で最も良好な住居環境を保護する地域が、第1種、第2種低層住居専用地域です。

 

今回、第1種低層住居専用地域における建築制限について説明します。

以上低層住居専用地域はより良好な住居環境を保護する為に制限されています。


住宅を新築、建替え等する場合、自分の住まいの場所が、どの用途地域か確認しましょう。

建築界のノーベル賞

post by 前田正司 | 2019.04.10 00:00

宇都宮西支店 設計Mです。

プリツカー賞というのをご存知でしょうか。

建築界のノーベル賞といわれています。

今年の受賞者は日本人の磯崎新さんの受賞が決まりました。

そこで水戸市にある磯崎新さんの建物を見てきました。

遠くからでも目立つのがこの塔です。

三角の組み合わせでデザインされてるのですね。


エントランスホールのパイプオルガンの所は普段でも見られます。

 

演劇場とコンサートホールを見せてもらいました。

舞台がかなり近くて迫力があるのでしょうね。

ここもステージと観客席が近くぜひコンサートを聴きたいです。

プリツカー賞を受賞した建築家の建物に限らず建物を見て周るのも楽しいです。

 

 

敷地の接道は・・・

post by S | 2019.03.10 00:00

 寒い寒いと言っていた時期も過ぎ、もうすぐ 桜の季節 がやってきますね。
桜の花を見ながら食べる 団子(いや飲む お酒 かな?)もまた格別。

 

                            (高根沢町グリーンパーク)

 皆さんこんにちは、宇都宮支店のSです。

今回は 敷地の接道 について、ちょっとお話をしましょう。


 皆さんが家を建てる時は、敷地が道路と2m以上接していなければなりません(建築基準法43条)
(都市計画区域外のように例外はありますが・・・)
で、図で示すと下記のようになります。


敷地Aは道路に2m以上接してますのでOKです。

 

敷地Bは敷地の角でそれぞれ1m+1m合計2mですが、道路との間口の最短距離が2mとれていないのでNGです。

 

敷地Cは接道が2mですが、斜めの直角方向の一番狭いところの有効距離が2m以下だとNGになります。

 

敷地Dは接道にそれぞれ1m以上の箇所が2か所以上とれていますが、1か所での接道が2m無いのでこれもNGとなります。

 

敷地Eは接道が2m以上ですが、途中で2m以下の部分ができてしまうとNGとなります。


 以上のようにいくつかのパターンでも解かるように、それぞれの敷地で2m以上接道が取れているように思われますが、法規上ではNGとなることが多いので注意が必要です。


 また、敷地Fのように形状が旗竿形態では、竿の部分にあたる道路からの長さの距離に制限を設けている行政区もあるので、各関係機関に確認をして下さいね。

建築動物用語

post by BB | 2019.02.12 09:49

大変ご無沙汰しておりました、郡山南展示場 設計部のBBです。

 

大寒が過ぎ春分を迎え、暦の上では春、しかしまだまだ寒いです。

 

そこで今回はホンワカと建築の{動物用語}についてお話してみたいと思います。

 

 動物用語は、建築現場に限らず、様々な業種でも使われていると思いますが、今回は特に建築業界でよく使われる動物用語を二三紹介します。

 

まず最初に「ねこ」 手押しの一輪車のこと。(猫車)

          猫のように狭いところに入ることが出来ることから。

          上下逆さにした一輪車が猫のように見えるから。等々

 

 二つ目は「トンボ」 Tの字型をした道具、物を総称しているよう。 

          左官屋さんがスラブコンクリートを最初に抑える道具。 

          地面を(グランドなど)均すのに使う道具。

          土地にトンボを掛ける。 

          トンボクレーン。等々

 

三つ目は「馬」 現場で使用する台のこと。

          足場板や角材をかけ渡す4本足の台。  

          長物の材料等の保管、運搬する際に置く4本足の台。

          4本足のスペーサー。等々 

           基本4本足の台とゆう感があるが、材料と材料の間に挟む物も

           「ウマを掛う」といい、ウマと表す様です。

 

今回はこれでお仕舞いと致しますが、他にも「サル」「アリ」「デンデン」「トラ」「ハト」

「エビ」、、、それぞれに、見た目、結われが有ることを踏まえて、見聞きして頂ければ、もっと

もっと楽しくなることでしょう。

 
このページのトップへ戻る