カレンダー
最新記事
カテゴリー
アーカイブ

暮らしの@住まい どっとこむ

 

夏本番を前に

post by 暮らし@住まいどっとこむ | 2013.07.20 21:02

季節も7月となり本格的な夏へ向けて
一段と暑さもまして参りました。

東北ではいまだに梅雨が明けていないということもあり
曇り空が多くじめじめとした暑さが続いております。


7月ももう終わりというところまで来ておりますが、
皆様は8月に向けての暑さ対策は十分されておりますでしょうか?
昨今では毎年のように行楽地などの夏の話題とともに熱中症などの
病気やけがの話題も少なくありません。
かくいう私も
昨年のお盆の季節にダウンをしていた経験もあり、
今年は十分健康に気を付けたいものです。

というわけで(強引!?)
今回は熱中症について、
自分の経験も踏まえて、少し話をさせて頂こうかと思います。


○風邪との混同に注意
熱中症の症状といえば?
ときかれたとき皆さんは何を思い浮かべますでしょうか?
主なものとしては高熱や頭痛・めまい・・・といったところではないでしょうか?
しかし、これらの症状が発症した際
発生した場所等によっては、
他の病気などと勘違いしてしまいがちです。

熱中症は室内でも発症する場合があり、
空調で25℃前後の温度を保っていた部屋に居続た状態で
症状が出多場合
軽い風邪と勘違いをして熱中症を悪化させてしまったという例があるそうです。


○以外に知られてない症状?「寒気」
熱中症となり39度近くの高熱となると、
体温を調節する機能が働かなくなり、寒いと感じる場合があります。
熱中症の症状として寒気というイメージがあまりないせいか
ほかの病気と勘違いをして体を冷やすという対処を怠ってしまう場合があります。
老人が寒い寒いと夏にこたつをつけて高熱で亡くなられた例もあるそうです。


少々話が長くなってしまいましたが、
最近では熱中症以外にも子供を中心として手足口病といった
病気が流行っているなど、
これからの夏、他の様々な病気にも充分注意をしていかなければなりませんね。


 
このページのトップへ戻る